お金の貯め方としてメリットが大きい積立からの投資

お金の貯め方としてメリットが大きい方法は、まず積立を行うことです。積立は、お金の貯め方として確実な方法なので、お金を貯めたい気持ちがある場合は、積立から始めることをお勧めします。数万円程度の積み立てを毎月行うことができれば、良いスピードでお金を貯めることができます。

しかし、働き始めたばかりだったり、収入が多くない状況だったりなどの場合は、数千円でも良いので積立することをお勧めします。たとえば、月に5千円でも1年間で6万円、2年間で12万円、3年間で18万円というように、毎月5千円だけでも3年間で約20万円というお金を貯めることができます。ですから、まずは月に5千円だけでも良いので、積立は当たり前のことという意識になることが大切です。

月に5千円を継続しても良いですし、金額を1万円や3万円と徐々に増やしていけば、数年で100万円を超えるような貯蓄を作ることができます。このように、ある程度まとまった貯蓄を作ることができた場合は、定期預金に回す方法と投資に回す方法があります。普通預金に置いておくことも方法ではありますが、普通預金は金利が低いです。また、定期預金は中途解約が可能なので、本日作成した定期預金は翌日に解約しても問題ありません。

ただし、中途解約してしまうと、本来付与されるはずだった利息が少なくなります。金利が低い定期預金ならば、中途解約しても付与される元々の利息が少ないです。しかし、キャンペーンなど、金利が高い時期に加入した定期預金を中途解約するのは勿体ないです。

まとまったお金は、定期預金に回すだけではなく、投資に回すことも魅力的なお金の貯め方です。投資として代表的なのは株式です。株式の売買や配当によって利益を得ることができます。短期的な売買で利益を出す方法は、初心者にはハードルが高いです。しかし、長期保有での配当が目的の場合は、興味のある企業や好きな製品を販売している企業など、初心者でも選ぶことができます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ